長崎大学から熊本大学の医学部へ編入した

長崎大学から熊本大学医学部へ

長崎大学医学部から熊本大学編入しました。
現役で長崎に合格したのですが、第一志望は熊本の方でした。
センター試験の点数が取れなかったので、長崎の2次試験を受けました。
本当は熊本を受けたかったのですが、親や先生に説得されました。
医学部の受験で浪人するのは珍しくありません。
だから、強引に熊本を受ければ良かったのですが、親を心配させるが嫌だったので、長崎にしました。
長崎大学での生活が始まった時は、これで良かったと感じていましたが、そのうちに物足りなさを感じるようになりました。
長崎と熊本をくらべると、熊本の評価の方が上です。
看護師になってからも、熊本大学を卒業していた方が有利なのかもと思うようになっていました。
最初は長崎を退学して、熊本をもう1回受け直すつもりでした。
ところがネットで調べてみると、熊本大学の医学部の保健学科に編入できることが分かったので、それを目指すことにしました。
編入を決めると気持ちがすっきりしました。
これで、長崎に入ったことは無駄になりません。
無駄ではなくて、長崎でしっかり勉強して、落第しないように気をつけようと思いました。
同時に編入の試験に向けて勉強を始めました。
試験の中では、英語と面接が問題でした。
私は高校の時から英語が苦手で、苦労していました。
面接も人見知りをしやすい性格なので、不安を感じます。
この2つ以外の専門科目には自信を持っていました。

長崎大学から熊本大学医学部へもともと看護師になりたくて大学に入った長崎大学友達には、留学すると言っていました九州の医学部に進みたい長崎大学は日本で最初に生まれた医学部医学部受験では時間配分を誤るのは致命的